八代 翔

創作

新しい「感動」をつくる

執筆活動

10代から小説・随筆などの執筆活動を続けている。

小説の分野では『折りたたみ傘』『さいごの感謝祭』でノースアジア大学文学賞受賞、『花園』で室生犀星文学賞を受賞した。

作品は今後ブログにて掲載予定

音楽活動

10代から合唱、オカリナ演奏等を嗜む。

20代からはギターによる弾き語りを開始し、ライブ出演やオープンマイクイベントの企画などを行う。

現在はDTMによる映画用の主題歌・サウンドトラックスの制作も行っている。

映画制作

2013年から映画制作を開始。

2014年からは映画制作団体Studio-seginusを立ち上げ、長編映画を多数手がけている。

2019年9月に最新作2作を発表した。

詳細はStudio-seginusHPにて

八代翔、ギターとともに